男性医者

早期の発見

今後タバコによる肺がんが減る可能性がある

カルテを見る医者

今後、タバコによる肺がんが減る可能性が日本ではあります。あくまでも可能性になってきます。その理由の1つに、禁煙しようとする人が多くなっているという事が上げられます。 タバコというのは、有害な物質が含まれていて、それが肺がんを発症させてしまう可能性があります。しかし、健康ブームになっている現在、タバコをやめようとする人も多くなっています。 禁煙に取り組んでいる人も多くいて、今後、今よりも喫煙者が減る可能性があります。そして、公共の施設でも、かなり吸う場所が制限されてきています。 このように、タバコを吸う人が減る理由がいくつもありますので、今後、自然に、タバコによる肺がんの発症が減るという可能性があります。治療が大変ですので、この傾向は非常に明るい事です。

治療が遅れないようにする

肺がんの問題は、進行している状態で見つかった時です。 進行していると、かなり治療が困難になります。他の臓器に転移していることもありますし、癌細胞が大きくなって、肺の広範囲を切除する必要も出てきます。 このように、初期と進行している状態とでは、大きく違ってくるのです。ですので、治療が遅れないように注意して、それなりに対応する必要があります。 今では、検査をすることも簡単です。ですので、心配な方は、定期的に検査をして、早期発見できるようにします。