男性医者

主な利点

NK細胞療法の概要

笑顔で話す医者

NK細胞療法は、人間なら何時かは罹り得る病気と言われる癌に対抗する療法として研究されています。そもそもNK細胞とはナチュラルキラー細胞の略称です。通常の免疫機能を持つ細胞群は抗原抗体と呼ばれる、体内で過去に異常だと認識した存在を感知しなければ機能しないとされます。それに対して、NK細胞は生成された当初から、過去の異常情報の有無に関係無い外敵に対しても直接、攻撃する事が可能となる特徴があるとされています。 NK細胞療法ではこのNK細胞を活用・強化する事で、癌細胞を直接攻撃する機能を強化する狙いがあります。それにより、従来の外科手術や放射線などを使った方法と比較して、副作用が無い癌治療が期待できるとされます。

実用化に向けた近年の主な動き

NK細胞療法は基本的な手順として、患者から数十CC程度の血液を採取し、含まれるNK細胞を培養・増殖させたら、体内に戻すという流れとなっています。 近年の研究により、NK細胞は腫瘍やウイルス感染を受けた細胞への傷害を与える能力を持つ事が確認されています。また、NK細胞を適切に培養する方法も確立されてきたと言われています。 一方で、癌治療への本格的な活用のためには、さらに大量の細胞増殖を行ったりNK細胞の活性状態を高く保てる様な培養をする必要があるともされています。この点について、現在も世界的に研究が進められている状況だとされています。 したがって現時点では、広く治療効果が認められる状態には至っておらず、保険適用が認められる状況とはなっていないため、コストがかかる弱点も挙げられています。 今後の更なる研究により、NK細胞の悪性細胞攻撃効率の向上が待たれる状況だとされています。