看護師と患者

骨肉腫の恐怖

諦めないで、すぐに対処してもらおう。骨肉腫のことで悩んでいるなら、すぐにでも病院に相談するべきです。そうすることでスッキリできます。

今後の治療展開について

二人の看護師

骨肉腫とは、悪性リンパ腫と多発性骨髄腫を除いた骨にできるガンで一番発生頻度が高いもので多くの場合未成年に発症します。 治療法としては抗ガン剤が効果的なので、多剤併用療法で病巣を小さくしてから外科手術で取り除く方法が主となります。また骨肉腫の特徴は肺や骨に転移しやすい点があります。そのため定期的に骨シンチやレントゲンなどの検査は欠かすことはできません。 骨肉腫は膝周辺に発生しやすいため以前は四肢切断をして治療していたのですが、現在は患者の生活の質を維持するためになるべく切断せずに腫瘍だけ取り除けるように化学療法中心で執り行なわれています。 転移が見つからない場合は予後は昔に比べて良好になっており、治療の質は年々向上しています。

骨肉腫で気をつけることとは

骨肉腫の治療をしていく上で注意することとはどういった点なのでしょうか。 一般的に骨肉腫の治療は一年半ほど続けることになりますが、治療後に一番気をつけなければならないのは転移です。特に肺への転移には細心の注意を払わなければなりません。転移は2年以内に起こることが多数で、5年が過ぎるとほとんど心配がなくなります。このことから治療後2年間は定期的に検査を受けて、小さな病変でも見逃さないようにすることが大切です。 また四肢切断をした場合に義足を使用しているならばリハビリをおこないます。義足の質は年々上がっており、リハビリを適切におこなうことで不自由をあまり感じることなく生活することができるようになります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療は様々な種類があります。症状やペースに合わせた治療法をこちらから参考にしてみましょう。

自分に合った食生活

患者に話しかける看護師

潰瘍性大腸炎は、増加の傾向にあります。 自分に合った食生活を模索する事が治療には大切です。 同じ潰瘍性大腸炎を持つ方同士でも、同じ食生活で症状が緩和される人もいれば悪化する人もいます。

Read More

早期の発見

カルテを見る医者

肺がんの治療技術もかなり向上してきて、初期の段階であれば、高い確率で完治できる可能性がでてきているのです。 ですので、初期段階で見つかれば、そこまで恐れる必要はないです。

Read More

主な利点

笑顔で話す医者

現代では様々な病気に対抗するための方法が日々研究されています。そうした研究によって近年、進化が続いているとされる医療方法の1つに、NK細胞療法と要ばれるモノが挙げられます。

Read More